2020年1月21日
成人式の振袖は、購入とレンタルどっちがお得なの?

成人式の振袖をレンタルにするか、購入するかで悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
決して安価なものではない上に、和装自体をあまり着る機会がないということもあって、レンタルを選ぶ人が多数となっています。

ただ、機会が少ないだけに、今回レンタルを選んだら今後もずっとレンタルを選ぶことになるのでは?
という不安もありますよね?

振袖を着る機会が今後何回あるのか。
その時のことを考えたらやはり購入した方が良いのではないか?

そんなお悩みを抱えている方のために、今回は購入とレンタルのメリット・デメリットについてご紹介します。

今後も和装を着る機会はけっこうある?


実は、成人式の後もその気になれば和装を着る機会は少なくありません。
成人式で身に着ける「中振袖」は、特別な時に使用する礼装。
いわゆるパーティードレスのようなものです。
例えば、直近では卒業式に身に着けてももちろんOK。

卒業式の袴に合わせたり、友人や兄弟の結婚式で身にまとったりと、特別な節目に身にまとうと考えれば、今後も活躍の機会は訪れるはずです。
活躍の機会が多ければ多いほど、購入しておいた方がコスパが良くなるのは言うまでもありません。

振袖は「未婚女性」の着物

藤田ニコル古典柄ピンク振袖
1点、注意しておかなければならないのは振袖が「未婚女性の着物」であるということ。
例えば、成人式の時点で働いている場合、当然卒業式はありません。
さらに、友人の中で一番に結婚した場合、友人の結婚式に参列する場合の和服は振袖ではなく留袖や訪問着になります。

自身の結婚のタイミングを考えて振袖をレンタルにするかセルにするかを決める必要はありませんが、場合によってはせっかく振袖を購入したのに成人式で1回着ただけで着られなくなってしまう可能性もあるということを覚えておきましょう。

お母さんやお祖母ちゃんの振袖を着る


人によってはお母さんやお祖母ちゃんの振袖を譲り受けるという方もいらっしゃるかもしれません。
ドレスとは違って着物には流行がないため、お祖母ちゃんから譲り受けた振袖を着ても古臭いというイメージを受けることはほとんどありません。
せっかくなら、その着物に込められた思い出話などを聞いてみると、思いがけないエピソードを聞くことができるかもしれません。

譲り受けた着物が必ず安価とは限らない

振袖を譲り受ける場合「レンタル・購入の必要がない」ため、かなり安価で済む可能性が高いです。
注意しておかなければならないのはその保存状態。
状態が悪いとクリーニングだけでなくお直しなどにもお金がかかるので、結局レンタルとあまり変わらなかったという可能性も否定できません。
まずは当日きちんと着られる状態かどうかを事前に確認しておく必要があります。

レンタルのメリットとデメリット


今、成人式の振袖はレンタルしているという方が多数派で、その割合は半数以上となっています。
人気の理由は「安くて管理の必要がない」というところ。

さらに、流行には乗りたいけれど和服にそこまで興味がないという方も少なくないでしょう。
お呼ばれには基本的にドレスをチョイスするという場合、振袖を着る機会はさらに少なくなります。
そういった方は、デメリットを加味しても成人式の振袖にはレンタルを選ぶのがおすすめです。

レンタルするメリット

  • 着た後のクリーニングやお手入れをしなくてよい
  • 保管の必要がない
  • 数回であれば、購入に比べて安価
  • 着付もセットになったプランを選べるため安心

レンタルするデメリット

  • レンタル期間中しか着られない
  • 友人とデザインがかぶる可能性がある
  • 身長や体型によって選び代が少ない可能性がある

購入のメリットとデメリット


購入のメリットは自分だけのお気に入りを何度も着られること。
一般的には特別なシーンのみでの着用となりますが、今も日本に残る「和」の習い事などでは和服を着ることがほとんど。
茶道や華道、日本舞踊などに触れる機会があれば、特別なシーンで振袖を身にまとう機会が出てくるかもしれません。
最近ではレンタルと同じくらいの低価格で振袖を購入できる場合もあるようです。

購入するメリット

  • お気に入りを何度も着ることができる
  • レンタルに比べて高品質な場合が多い
  • 仕立ててもらった場合デザインかぶりがない
  • 自分にピッタリなサイズのものを作れる

購入するデメリット

  • クリーニングを含め、維持にも費用が掛かる
  • 保管に場所をとる
  • レンタルに比べてコスパが悪い
  • 当日の着付を手配する必要がある

まとめ

いかがでしたか?
成人式の振袖はレンタルしているのが多数派ですが、リーズナブルに購入できたり、これからお呼ばれなどがあるたびに和装を着たいという方は特に、購入を考える方が良いかもしれません。

もちろん、お呼ばれがあるたびに違った振袖を楽しめるという点もレンタルの魅力。
購入か、レンタルかで迷っている場合、一度お店を訪れてみるのもひとつの手段。
みつわなら衣裳の試着も可能なので、スタッフに相談し、アドバイスを取り入れながら試着してみて自分に似合う1着を探していくのもおすすめです。+

Other Menuメニュー

Service Menu充実したサービスメニュー